Top > Blog

Blog

青森ライブが迫り来る。



今月末には、いよいよ地元、青森でのライブになる。

CfpC8YDUsAA7yUe

2016.04.30 (土)
barふきた(青森) 産声裏声 第10回
開場:18:30 / 開演:19:00
チケット:1500円(1ドリンク込み)
出演者
MID 水木翔太 コウサカアキオ 間宮さすけ 渋谷寿喜(順不同)

CgioDEoUYAAhCJi
〒036-8356 青森県弘前市下白銀町12−27barふきた

 

この日はアンプラグドのライブになる
つまりはアンプもないし、マイクもない。
お客さんとの距離も相当近いだろう。
僕の歌とギターと、お客さんの出す全ての音が、この日の音楽になるのだと思う。

音楽活動を始めて4年目。
やっとのことで地元でライブをすることになった。
このやっとのことというのは、青森でライブをするという意味だけを言っているんじゃない。
東京で活動をし続けて、青森でライブをしませんかと誘いが来たことがすごいんだ。

 

ありがとうとしか良いようがない。

 

心の底からどうしようも無い人間であった僕が音楽をやることになって、
結果が出るまで青森には戻らないと決めたものの、一向に結果が出ず、
そもそも結果など気にしたことも無く、ただただ音楽に向き合うだけのどうしようもない人間の僕が、
時間と共に、応援してくれる人が増えると共に、
少しはまともになり、人に感謝したくなり、人に優しくなりたいと思い、
音楽をもっと伝えたいと思った。

そんな風に人として当たり前の感情を取り戻しつつある僕として、
地元の青森でライブをすることになったことは本当に感慨深い。

 

僕にとってこの日は、ただの凱旋ライブじゃない。
僕にとってこの日は、新しい戦いの始まりなんだ。

 

絶対に良いライブをしたいと思っている。

 

マイクを通さず、歌を届けるわけだから、
僕の出す全ての音楽を感じ取って欲しい。

足でリズムを鳴らす音から、ギターと指がこすれる音まで。
そして、自分の呼吸や、空気の音をふまえて。
音楽を体感してもらいたい。

君が知っている僕はいないだろう。
君たちが知っている僕はいないだろう。

ライブは良いものだと思ってくれるように、
これこそがライブだと思ってもらえるように、
中途半端な演奏はしないつもりだ。

楽しみにしていて欲しい。
僕も楽しみにしている。

 

聞いた話だと既に満席に近いらしいので、
まだ検討されている方がいましたら、早めの予約をお願い致します。
予約は僕に連絡を入れてくだされば、大丈夫です。
すぐ対応させていただきます。

それでは改めて、お待ちしております。