Top > Blog

Blog

5/18因縁の新宿JAM「ミナミ放題2016~東新宿、春の陣~ 参日目」終了



5月18日 新宿JAM「「ミナミ放題2016~東新宿、春の陣~ 参日目」ライブ終了致しました。

 

お越しくださったお客様

共演者の

the INDIANSさん
雄咲くさん
ざらめの咲o(さん
じゅんじゅんさん
リビドーと悪魔さん

そして、呼んでくれたミナミトモユキさんありがとうございました。

 

因縁の場所、新宿JAMでした。

新宿JAMが運営しているスタジオでのライブは何度かやったけども、

メインステージ?っていうのか、ちゃんとステージの上で演奏するのは初めてでした。

 

 

 

 

~セットリスト~

僕らの未来について

SUNDAY PM10:21

心を見せたい

音楽はもういらない

 

 

突然のライブのお誘いであったけど、出演したいと思った。

 

JAMFFESでの押しつぶされそうなほどの緊張感、前回を踏まえての想い、

全身全霊のライブ。

ライブ後に体調が優れなくなり、お祭りのようなJAMFESを一分も楽しまず帰った為、

イベントのことも考えず自分勝手にすぐ帰ってしまうような僕は、きっともう呼ばれないだろうと思っていた。

 

その矢先、ミナミトモユキさんからのお誘いであった。

 

IMG_3983

 

僕よりも怪しい外見をしていながらも、

僕の何倍も誠実で丁寧で気を使ってくれる素敵な方だ。

きっとミナミさんを嫌いな人は一人もいないと思う。

 

だから、またお誘いが来たときは嬉しいと思ったと同時にやはり怖い部分も多く、

因縁の新宿JAMか...と、少し考え込んだ。

 

何故だか、断りたいと思えなかった。

怖くもあったし、因縁の場所ではあったが、

僕の知らない世界でのライブになることは間違いなく、好奇心の方が強かった。

 

なにより呼んでもらえるなら出たいと思った。

 

 

 

 

案の定、新宿jAMが近付くと緊張してくる。

ここの空気はなんなんだろうなあと思う。

new_IMG_0104

控え室で一人出番を待っている所の写真。

ぼっち感を演出したく、写真を撮った。

押しつぶされそうな緊張は特になく、

いつものようなワクワクの方が凄まじかった。

 

「いい演奏しよう。

今日が最後の日だ。

今日が人生最後の日だ。」

 

最近、演奏前に出来るだけこれを呟くようにしている。

誰かが言っていたんだよな。

 

お客さんが多いとか少ないとか関係なく、

いい演奏をするために、一人一人に失礼の無いように、

全集中力を持って演奏する為に、呟くようにしている。

 

この日もそうだった。

 

 

IMG_0110

ステージに上がると不思議な気持ちになった。

ここまでしっくり来る場所があっただろうか。

居心地が良かった。

悔しいけど、居心地が良かった。

 

音も景色も匂いも椅子も。

悔しいくらいだった。

 

良い場所だと言わざるを得なかった。

僕のことも受け入れてくれているような場所であった。

 

そりゃ人が集まるよ。

そんな場所だった。

 

この日来てくれた方から、

「新宿JAMの空気に呑まれちゃう人もいるけど、味方に出来れば強い。

水木君はあの場所にしっくりきていて良かった」と言われた。

 

今一つ、書きながら思ったことがある。

ライブハウスなのに、無機質な空気ではなく、

ライブハウスそのものの空気が色濃くあるっていうのはすごいなあと思った。

そりゃ35年も続いている場所だものね。

 

 

因縁の新宿jAM。

 

未だに立ち位置は変わらないが、怖いだけじゃないようだった。

 

因縁の新宿JAM。

 

いい所もあるようだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただあれだ。

細かいかもしれないけど、男子トイレ掃除しようぜ。

 












Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>