Top > Blog

Blog

八月千葉に仙台・不安定な心と音楽・ビッグバンドjazz



 

僕だから出来ていることがたくさんあるんだと思う。

僕だから与えられた選択があるんだと思う。

僕だから選ばれることがあるんだと思う。

僕だから嫌われること、僕だから好かれることがあるんだと思う。

 

 

今は心が安定している。きっとつかの間だ。

僕は僕自身を保っていられることが難しい。

何かをきっかけに考えががらっと変わってしまったり、

無気力のようでいて、刺々しく荒々しくいたりする。

素直に最近とても自分が怖い。

 

 

僕は音楽をやっていて本当に良かったと思う。

苦しいことの方が僕には圧倒的に多いのだけど。

音楽に生かされているんだと思う。

 

僕は良い音楽を作りたい。今は言葉よりも音楽の方に重きを置いている。

音楽を理解できるように少しずつなってきて、自然とそういう環境に進んでいる。

 

僕がビッグバンドでギターを弾くことになったのも、

僕だから選ばれたことで、僕だから選べたことだったりする。

 

ワンマンをすることになったのもそうだし、今までのライブもそうだし、

きっとこれからもそうなんだと思うし、今の置かれている環境とかもそうなんだ。

僕だから与えられた選択に動かされているんだと思う。

 

 

ライブ後の自分が自分で無くなっていく感覚が非常に怖い。

ライブに集中しているからこそだから素晴らしいことなんだと思うけど、

あんまりにもひどい気分なんだよ。

 

音楽をやっている自分が本当に好きだから、

というより僕が僕を誇っていることはそこだけなんだけど、

抜け殻になった自分はやっぱり好きにはなれない。

 

だから、ビッグバンドにしても入団に向けて動いてもらっていたけど、

心の不安定さを考えて、誰かに迷惑を掛けたくなかったから、

やっぱり断ろうと関係者に伝えに行くと、説得されて結局やるということになった。

 

練習に向けて、幾枚もの楽譜にひたすら向き合って、アレンジを考えたり、

音楽に向き合う時間を作った。

 

そして今日、初めてビッグバンドの全体練習に参加してきた。

ドラムやベース、ピアノ、十何本もある幾種類もの管楽器の中でギターを弾いてきた。

 

音楽に先生なんかいない人生だったんだけど、

さん付けよりも先生と敬称で呼ぶべき人がいるってのもまた面白いし、

僕自身すんなり受け入れることが出来た。

 

 

 

やっぱりなんだけど。

 

音楽をやっていて本当に良かった。

苦しいことの方が圧倒的に多いはずなんだけど、

音楽で救われる部分もおおいにある。

 

僕は本当に不安定だから色々な人に支えられて生きているんだと感じているけど、

感謝がひとしお足りない。

 

断りに行ったはずの僕の考えを変えてくれる人が現れたりして、

そして、僕を救ってくれたりするんだ。

今はとても心が安定している。

子供のように「音楽って難しいけど楽しいな♪」って気分。

 

 

ありがとうって言えばいいんだけど、

僕がやるべきことって良い音楽を作ったり演奏したりすることなんだろう。

 

 

——————————————————————–

 

 

10月22日(土)のワンマンまで三ヶ月を切った。

これも僕だからこそ選んだことで選ばれたこと。

良い音楽を必ず鳴らす日。

もうそろそろ、サポートメンバーや編成など、考えていることなどを書いていきたい。

 

 

8月2日(火)は千葉の市川アルマナックハウスさんでライブ。

「Maggie’sTune」

小原繁久/MAUDIE/キキ/水木翔太

19時半から開演だと思う。

ホームページ見たらこう書かれていた。

うむ。

 

「ミュージシャンズミュージシャンを店で演奏させたいんだ。」

そういって誘われたから出ることにしたし、良いお店だしマイスターの男気に乗った。

 

 

 

8月5日(金)は再び宮城県仙台にて、カフェドルシールさんにてライブ。

Cafe de Lucille 七夕LIVE〜ねがいごとの実〜

START20:15

前売 1500円 2D付 当日1800円2D付き

出演

Mad’s 宮城nana民 笹原千衣里(東京) 水木翔太(東京)

 

本音を言うと県外のライブはもう控えようかと思っていた。

 

それは信頼があるとかないとかではなく、金銭面と精神面、自分がやりたいことへ向けての考えだったんだが。

とても熱いメールを頂いたので、行くことに決めた。

日程や環境的にも次に仙台へ行くことが出来るかどうかはわからなくなってきたけど、

明確な熱い想いにはちゃんと応えたいと思うし、応えられない自分は嫌だ。

 

牛タンを食べる余裕はまるっきりどこにもないことだけが残念だけど、

自分の音楽を演奏しに行こう。

 

涼しければいいな。

 

 

 

 

 

 

特に最近強く思うこととして。

 

僕はもっと感謝をもって、

音楽を伝えるべきだ。